忍者ブログ
飽きたら書かなくなります
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウシルト理論(3)で紹介されている
チートイツの重なる牌、重ならない牌の紹介
ランキングは以下の通り

重なるランキング
1位から8p>6s>2p

重ならないランキング
1位から7s>發>4m

とまぁこんな感じで紹介されていますね

このウシルト理論、ウシジマさんはみんな理解して当然として
あまり深く説明されていません。

しかし初心者の方にはなんでそうなるの?
といった声があがってるようなので説明します

そもそもチートイツとは
同じ牌が2つ!それが7組!組み合わさった形ですね
天文学的に偶数は引力が奇数に比べ比較的に強いとされています
つまり偶数、つまり2の倍数はくっつきやすいのです。
また2つ×7組の組み合わせから
比較的に奇数では7は重なりやすいとされています
まぁラッキーセブンともいいますしね


ここでウシルトシステムに注目すると
重なりやすいランキング上位はすべて偶数であることがわかります
重なるランキング 1位から8p>6s>2p


じゃぁなんで7sは7の数字なのに重ならないランク1位なの?
といった質問に対してましては・・・

ウシルトシステムは重ならないランキングに7sがトップに来ていますが
私も体感で7sは他の7m、7pに比べ重なりにくいと体感しています

ゆえに、ウシルトシステムでいう7sの重なり難さ第1位の意味は
7は重なりやすい、その他の奇数牌に比べては重なりやすい。
だが、重なりやすいのに7sだけは思っていたよりは重なり難い!
といった意味をこめた意味で
重なり難さ第1位に7sを持ってきているだけであり、
その他の奇数牌に比べたら格段と重なりやすくなっています。


まぁそんな感じですかね
つまりは、チートイツにいくときは
偶数牌>7m=7p>7s>その他の奇数牌
この方程式が成り立つわけですね。



そもそもウシルト理論とは何って方は
http://ameblo.jp/bakuhai-ushijima/
こちらを見てください


放銃や降り打ちは

確かに人間を成長させるだろうが
しかしその授業料は余りにも高く

払った点棒に見合う事は殆ど無い





ほいじゃまたね
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[05/11 NONAME]
[05/10 稚児]
[05/07 NONAME]
[05/07 NONAME]
[05/07 NONAME]
最新トラックバック
(10/02)
プロフィール
HN:
有栖
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R